mclogo

mobilitytitle

クルマの運転・乗り降り・車いす収納など、
ドライバーにとって最適な環境を見つけ出すサポートを行っています。

モビリティセンター広島ではクルマの運転に必要な能力を数値化する測定器や、様々な機器を導入したデモカーを使用して最適な運転環境作りだけでなく、クルマの乗り降りや車いす収納など、ドライバーが直面している様々な問題に対する改善策や計画の提案を行っています。

mctop

howdts

1.相談
ご本人の場合は現在の体の状況、運転免許の有無、所有のクルマの詳細などをお知らせください。
担当の先生からのご相談の場合は、患者の現在の状況を客観的にお知らせください。
2.測定
ドライバーテストステーションを使用して測定を行います。この際、各能力の数値化だけでなく、必要と思われるクルマの環境作りやクルマの乗り降りに関してのお話も行います。
3. リハビリ・トレーニングの計画
リハビリ・トレーニングが必要と思われる場合は、担当の先生に測定結果を報告していただき、具体的なリハビリ・トレーニングの計画を先生と一緒に建ててください。
4.クルマの環境作り
アクセル・ブレーキ操作用レバーやリング・左足用アクセルペダルなどのアダプテーションが必要とされる場合は、当社にて具体的なお話し合いを行います。
5. 適性検査・条件切り替え
臨時適性検査や条件の切り替えを行う必要のあるドライバーは、必ず運転を再開する前に必要な手続きを行います。
6. 運転・運転再開
条件が全て整ったら運転・運転再開です。

aboutdtstitle

ドライバーのクルマの操作力を客観的に数値化し、必要なものを見つけ出す。

ドライバーテストステーションでできることは大きく分けて3つあります。

1.クルマの操作力を数値化
2.必要なリハビリ・トレーニングの方向性を具体的に計画
3.ドライバーに合わせた最適なクルマの環境作り

以下の方たちを対象としています。

・これから運転を始める未来のドライバー
・怪我などで運転から遠ざかっていた運転再開を目指すドライバー
・運転に自信がなく、客観的に自分の現状を見出したいドライバー
・今までとは違う装置で運転をするドライバー

testtitle

dtstest1パワーテスト
ハンドル・ハンドコントロール・ペダルの各操作に必要な筋力と操作力を分析します。体をねじる・押す・引くなど運転に必要な動作を行うことで、ドライバーに最適な運転環境を見つけることができます。
dtstest2リアクションテスト
赤信号への反射力や、指示された通りの操作をドライバーが迅速に行えるかを分析します。各操作に移る前の反応速度だけでなく、ペダル間の足の移動速度やハンドコントロールの押す・引く動作の速度を細かく分析することで、必要なトレーニングやリハビリテーションを細かく計画することができます。
dtstest3タイマーテスト
アクセルを指定した強さで操作後、ペダル・ハンドコントロールを使用してブレーキ操作の反応速度を分析します。ドライバーの安定性と忍耐力を客観的に知ることができます。
contact_title

製品に関するご質問・お問い合わせは以下のフォーム、もしくは084-963-2212へご連絡ください。

広島県近辺以外にお住いの方はこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

お問い合わせ内容

access_title
住所の部分や郵便番号を入力してから、「ロケーションを検索」ボタンをクリックしてください。
map